ごあいさつ

 春光うららかな季節を迎え、令和6年度川口市ソフトボール協会の事業がスタート致しました。
 日頃は、当協会の活動に際し、皆様には大変ご尽力いただき誠にありがとうございます。
 さて、昨年度を振り返りますと「新型コロナウイルス」が5類へ移行し、フルスペックに近い状況で事業を進めることが出来ました。春に開幕した市民選手権は男子1部「芝高木ソフト」、男子2部「在家ソフト」、秋開幕の市民体育祭は男子1部「レアルズ」、男子2部「ナイトパトリオッツ」、女子の部は「安行SCミラクル」が優勝を成し遂げました。また、「チアフル川口」が関東レディース大会へ、「川口スターズ」が関東エルダー大会へ、「川口ハーモニー」が全日本エルデスト大会へ、「埼玉レッドスティード」が全日本中学女子と都道府県対抗全日本中学生女子大会へ、少年ソフト所属の「根岸第三」が春季全日本小学生大会へ、それぞれ出場を果たし、当協会所属チームの活躍は大変嬉しく喜ばしいことであります。
 そのような中で、令和6年12月を以て神根運動場の全体的整備に伴う、行政財産使用許可要綱に基づいて「2007球場」は最後を迎えることとなりました。皆様におかれましては球場存続の為、ご協力いただいたこと感謝申し上げますと共に大変残念でなりません。新神根総合運動場について現状を報告しますと、ソフトボールが4面確保できるグラウンド及び「2007球場」の代替グラウンド(※専用ではありません)の確保に向け、協議しているところです。引き続きソフトボール競技が出来る環境確保のため、諦めず活動してまいりますのでご理解ご協力の程お願い申し上げます。
 最後に御後援いただいている協賛各社、関係各位のご支援に心より感謝しながら、今後も協会の活性化に努めて参ります。

2024年3月30日 
会長 若谷正巳